経営理念

  • 「誠意と技術と情熱と」をモットーに、安全第一を基本とし地域の環境にも配慮のうえ、お客様の信頼にこたえる品質を提供する。
  • 社員一人ひとりが日々研鑚を重ね、会社の発展と幸せな未来を目指し、社会にも貢献する。
三軌建設のコーポレートマーク

明日に向かって躍進します。三軌建設のコーポレートマーク ダイナミック「S」

 三軌建設の頭文字「S」を基本モチーフに、3本のラインはそれぞれ、軌道・土木・建築の主要事業領域を表している。中心から外へと大きく拡がるダイナミックなフォルムは、
人と技術と信頼を核に、発展する様を表した。
コーポレート・カラーのブルーは信頼と技術力を、
レッドは人間力と活力を意味している。

三軌建設倫理網領

 私たちは、創業以来、一貫してお客様満足を追求し、安全で安心できる質の高い商品を提供することにより、社会の発展に寄与することをめざして企業活動を続けてまいりました。
 公共・公益性の高い企業グループの一員として、さらに、社会からより一層の信頼をいただき、よき企業市民として社会的責任を果たすべく、「三軌建設倫理綱領」を策定し、企業倫理の確立と法令順守の徹底を図ってまいります。

  1. 企業活動の基本

    私たちは、安全で安心できる高品質の商品を提供し、お客様の信頼をいただくとともに、社会の発展に貢献します。

  2. 法令および社会規範の順守

    私たちは、法令はもとより、社内規程やこの綱領並びに良識・礼節など社会的規範を順守します。

  3. 健全な企業活動

    私たちは、公正・自由な市場競争をおこない、公正・健全な企業活動を行います。政治・行政との健全な関係を保ちます。

  4. 従業員の尊重

    私たちは、従業員一人ひとりの人格及び個性を尊重するとともに、安全で衛生的な職場環境を築きます。

  5. 環境問題への配慮

    私たちは、環境にやさしい技術の導入・開発や省資源・省エネルギーに積極的に取り組みます。

  6. 反社会的勢力への対応

    私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える勢力や団体には、毅然とした対応をします。

社長ごあいさつ

 当社は、昭和37年、海外での鉄道建設に活躍した技術者が中心となり、鉄道線路の建設・保守を主体とする会社として、福岡市に設立されました。
 その後、東海道、山陽新幹線や大都市圏の地下鉄の建設に伴って、九州のみならず、東京、横浜、浜松、京都、大阪と全国的に事業展開を行ってまいりました。現在は、JR九州をはじめ、各地の都市地下鉄や私鉄、新幹線の軌道保守・新設工事を主体としながら、鉄道建設で培った技術力を基に一般の土木工事や建築工事にも長年にわたって実績を積み重ねてきました。また最近では、台湾(新幹線)、中国(地下鉄)など、海外での鉄道技術協力も行っています。
 当社は、「誠意と技術と情熱と」をモットーに、安全第一を基本としてお客様の信頼にこたえる品質を提供し、「持続可能な信頼される会社」として広く社会資本の整備に寄与して参ります。

三軌建設株式会社
代表取締役社長
松本 喜代孝

平成30年6月