健康づくりへの取り組み

JR九州グループ健康宣言

JR九州グループは、社員が元気に“いきいき”と活躍することが、
会社や地域の元気をつくるうえで最も大切であると考えます。
JR九州グループのあるべき姿「安全とサービスを基盤として
九州、日本、そしてアジアの元気をつくる企業グループ」を目指して、
一人ひとりが能力を最大限に発揮できるよう、
社員の心と体の健康づくりに積極的に取り組みます。

JR九州グループ共通の取り組み

  • 禁煙

    当社の取り組み

    喫煙率の減少

    禁煙外来の受診を推奨し、その費用の全額を会社が補助しています。

  • メンタル対策

    当社の取り組み

    ストレスチェックの完全実施

    ストレスチェックを正社員だけでなく、契約社員、パートタイマー、アルバイト、派遣社員にいたるまで全員が受検できる環境を整備しています。

  • 運動習慣

    当社の取り組み

    JR九州ウォーキングに1人年1回参加する または 全国土木「みんなで歩活」に参加することを推奨しています。

  • 健康管理体制の構築

    当社の取り組み

    健康診断受診率100%を徹底し、特定保健指導等に該当する社員については指導利用の勧奨をおこなっています。

三軌建設独自の取り組み

ココロとカラダ 健康づくり
基本方針

社員の「ココロとカラダの健康」は企業の基盤を支える力であり、
社員とその家族が幸せになるための大切なチカラです。
三軌建設株式会社は、「いきいきと働きやすい職場づくり」を実現していきます。

1.
社員が自身の健康維持のために健康意識・知識を高め、生活習慣(禁煙・食事など)の改善をサポートし、健康診断による病気の早期発見と適切な事後措置に取り組みます。
  • ◆ 社員及び配偶者への「人間ドック受診」を積極的に慫慂します。
  • ◆ 健康保険組合と協働して実施する「ヘルスアップチャレンジ」の取組みにより、生活習慣病、がんなどの対策に継続して行います。
  • ◆ 『健康経営優良法人』の認定(経産省・日本健康会議)を維持継続します。
2.
社員一人ひとりが、いきいきと働ける職場をつくるため、社員の健康を大切にする職場風土を醸成し、コミュニケーションの活性化や職場での健康づくりに取り組みます。
  • ◆ 社員が楽しみながら参加できる「健康増進イベント」を企画します。
  • ◆ 相談窓口を整備し、相談者への対応(話しの聴き方、アドバイスの方法など) についての教育を実施し、相談、話しやすい環境づくりを行います。
  • 人間ドックの費用補助

    社員、契約社員に関わらず、人間ドックを受診した社員には10,000円の会社費用補助をおこなっています。
    また、50歳以上の配偶者が人間ドックを受診した場合にも同様の補助をおこなっています。

  • 新型コロナウイルスへの
    感染予防対策

    ・全社員へマスクの配布を行いました。

    ・不織布(使い捨て)マスクを常備しています。

    ・PCR検査キット、抗原検査キットを各事業所で常備し、必要時に迅速に検査をおこなうことができる体制を整えています。